平成30年02月22日(木)
一般社団法人政経倶楽部連合会
政経倶楽部 大阪支部

政経倶楽部 【大阪支部】 第80回例会(3/26月)のご案内

日 時: 2018/03/26 開 会: 18時30分~20時30分(開場18時00分)
会 場: 株式会社 ジェイエスケー 本社ビル 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3-5-20 TEL 06-6313-1369 最寄り駅 地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」徒歩3分
URL: http://www.jsk.gr.jp


講 演 : 政経倶楽部 【大阪支部】 第80回例会(3/26月)

 
講師:岡本 幸治 氏 21世紀日本アジア協会 常任理事・事務局長

演題:「『日本国憲法』制定の政治学 誰が何のために作ったのか」



憲法改正の声が日増しに高まっている昨今ですが、まだまだ改正すべきではないという声が大きいのも事実です。
現時点の状況だけを見るのではなく、「日本国憲法」がどのような背景で、どのようにして、誰が作ったのかということを知れば、自ずとどう改正するべきかということが明確になります。
それを知らない国民が多いために、改正に異常に時が費やされていると言えるでしょう。
今回は、ほとんどの日本人が学んでいない日本国憲法の背景を学び、光り輝く日本の将来のために先ずどの部分を変えるべきなのかについて考えを深めてまいります。



【岡本 幸治 氏 プロフィール】

昭和11年生れ、35年京都大学法学部卒業,三井物産勤務を経て、京都産業大学、大阪府立大学、愛媛大学、JNU(印度国立ネルー大学)、大阪国際大学、近畿福祉大学などで教壇に立つ。
京都大学法学博士。日本近現代政治史・政治思想への取り組みからアジアの動向にも関心を拡大し、過去30年以上にわたって毎年渡印。
インドの大学に図書を寄贈し、大学生や企業人相手の講義を行うなど、日印の相互理解の推進に努めてきた。
社会活動として、NPO日印友好協会理事長、国際平和基金理事長、(財)神戸市民大学講座学長など。 
著書に『インド世界を読む』創成社 『インド亜大陸の変貌』展転社  『南アジア』同文舘(編著) 『喝!日本人はなぜ謝り続けるのか』致知出版社  『北一輝 転換期の思想構造』ミネルヴァ書房 『現代中国の変動と課題』多賀出版社(編著) 『骨抜きにされた日本人』PHP 『脱戦後の条件』日本教文社 『凸型西洋文化の死角』柏樹社 『働くは傍楽なり』いぶき書房 『菩提樹の下で 釈迦』日本教文社  その他。



【お知らせ】

今回の3月度大阪支部例会は諸般の事情により「第四月曜日(3月26日)」の開催となりますのでご注意下さい(通常は第四水曜日開催)。
会場、時間等の変更はございません。
「『日本国憲法』制定の政治学 誰が何のために作ったのか」


   ※なお、予約の関係で直前のキャンセルは会費をいただきますので、あらかじめご了承ください。