平成29年06月14日(水)
一般社団法人政経倶楽部連合会
政経倶楽部 名古屋支部

政経倶楽部【名古屋支部】 第64回例会(7/20 木) のご案内

日 時: 2017/07/20 開 会: 18時30分~20時45分(開場18時00分)
会 場: ウインクあいち 〒450-0002  愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 TEL 052-571-6131 (名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分)
URL: http://www.winc-aichi.jp/


講 演 : 政経倶楽部【名古屋支部】 第64回例会(7/20 木) 

 
講師:辻 晃一 氏 丸重製紙企業組合 専務理事

テーマ:「【公動力が生む新しい地域経営學】~美濃和紙1300年の歴史から1000年先の未来を創る~」



今年も梅雨の時期となりました。皆様におかれましては、お元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
さて7月例会の講師は、和紙で大変有名な“美濃和紙”の継承に取り組んでおられる辻 晃一氏をお招きして、日本人の心とも通じる和紙の伝統文化、その継承の必要性について語って頂きます。
青年の熱い思いを一人でも多くの方に聴いて頂きたいと思います。
皆様にお会い出来ることを楽しみにして、会場でお待ちしております。



【辻 晃一 氏 プロフィール】

昭和54年岐阜県美濃市生まれ。大学卒業後、フリーターを経てベンチャー企業に就職。東証マザーズ上場、東証一部上場の経験をする。
その後、2009年に家業である機械抄き美濃和紙メーカーの丸重製紙企業組合に就職。「美濃と和紙を元氣にする!」を使命に、和紙製造業だけでなく様々な分野の地域活動に関わる。2016年よりエネルギーや農業にも活動の幅を広げ、新しい地域経営に乗り出そうとしている。
丸重製紙企業組合専務理事、美濃市観光協会常任理事、一般社団法人美濃青年会議所副理事長、その他、和紙ブラザーズ、懐紙作家、現代百姓などユニークな活動を展開している。



【お知らせ】

・例会終了後に懇親会がございます。ご参加希望の方は別途3,000円で承りますので、返信フォームのコメント欄にご記入をお願い申し上げます(FAXにてご回答の方はご案内状にご記載欄がございます)。

「【公動力が生む新しい地域経営學】~美濃和紙1300年の歴史から1000年先の未来を創る~」


   ※なお、予約の関係で直前のキャンセルは会費をいただきますので、あらかじめご了承ください。