平成29年02月21日(火)
一般社団法人政経倶楽部連合会
政経倶楽部 大阪支部

政経倶楽部 【大阪支部】 第69回例会(沖縄視察例会 4/17 月~19 水)のご案内

日 時: 2017/04/17 開 会: AM6時45分「関西国際空港 第2ターミナル」(もしくは那覇空港にAM10時半)~(開場)
会 場: 航空自衛隊 那覇基地 沖縄県那覇市字当間301 電話098-857-1191


講 演 : 政経倶楽部 【大阪支部】 第69回例会(沖縄視察例会 4/17 月~19 水)

 
内容:「日本の平和と安全を守る前線基地・沖縄見学会!」


1972年に本土復帰・返還された沖縄。日本の0.6%の面積に国内米軍基地の74%が集中し、騒音問題、航空機事故や米兵による事件など、深刻かつ様々な問題を抱えつつ、日本の安全を守る重要な拠点としての役割を担っています。
近年、中国は力による現状変更を核心的利益の名のもと、資源開発や海洋進出を企て、南・東両シナ海、インド洋、アフリカ大陸まで地球狭しと展開しています。日本固有の尖閣諸島はもとより、琉球・沖縄でさえ日本の領土ではないと理不尽な発言が目立ちます。これは一体何の布石でしょうか?
また、反基地運動の基地撤廃は、家の戸締りはしなくても大丈夫だと現実無視の無責任な放言に映ります。
翁長知事は、県政の領域を逸脱してまで米国に足を運び基地撤廃を訴えるならば、併せて尖閣で領海侵犯を繰り返し沖縄の領有権を否定する中国になぜ抗議すらしないのでしょうか。不思議に思えてなりません。
この『日本の平和と安全を守る前線基地・沖縄』は、沖縄県だけの問題ではなく、日本人全体が問われている問題でもあります。今回の沖縄訪問は、地元の活動家や政治家と交流を深め、航空自衛隊那覇基地の見学などを通し、現地に足を運び沖縄の空気に触れ、日本の安全保障について学びを深めて参りたいと考えております。
この機会に是非ご一緒に沖縄に参りましょう。ご参加大歓迎です。




【詳細予定スケジュール】

・4月17日(月)17時~我那覇真子氏(上写真。政治活動家)を囲んだ夕食交流会。
・4月18日(火)午後~夕方、航空自衛隊那覇基地見学&現職自衛官との交流会。
・4月19日(水)沖縄活動家の方々との交流会並びに沖縄歴史遺産の現場見学会。その他、白梅の塔(上写真)等の戦跡見学。


【航空自衛隊 那覇基地】

 沖縄県那覇市字当間301 電話098-857-1191


【宿泊場所】4月17日・18日両日

「コンフォートホテル那覇県庁前」
沖縄県那覇市久茂町1-3-11 電話098-941-7311


【お知らせ】

・今回は「二泊三日の沖縄視察例会」となっております。日時や場所等が通常例会とは異なりますのでご注意下さい。

・また、参加人数は「15名」限定となりますので、定員に達した場合はお申込み終了となりますのでご了承下さい。ご参加お申込み締切日は諸般の事情により「3月7日(火)」となっております。

・本例会の参加費は2千円ですが、往復並びに途中の各交通費・食費・宿泊費等は別途各自負担となります。

※以上につきましての詳細およびご質問等は当会大阪支部幹事長 阿部 芳也までご一報をお願い申し上げます(携帯電話番号:090-3050-6935)。

「日本の平和と安全を守る前線基地・沖縄見学会!」


   ※なお、予約の関係で直前のキャンセルは会費をいただきますので、あらかじめご了承ください。